柴犬に気にされすぎる保護猫







柴犬・ももは、障子を隔てた向こうにいる、野良の保護猫さんが気になる様子。

お散歩に行って、帰ってきたももは、一目散に保護猫さんのところへ。はしゃぐももですが、ひとまず同居猫の黒猫の天と、お食事タイム。

しかし、お食事中なのに、保護猫さんを隔てている障子の扉に飛びつくもも。飼い主さんが叱責。

外でご飯を食べた保護猫さん、猫じゃらしのおもちゃで、少し運動です。保護主さんの腕に抱かれたまま、フミフミしちゃう姿は可愛いですね。

もものソワソワ音や、お手々でバタバタと触られても動じない、保護猫さん。

 

保護猫さんの飼い主を見つけようと探しに行ったパパさんでしたが、ダメだった様子。ももは、帰ってきたパパさんにも大はしゃぎです。

元の飼い主が見つかるまで、この人懐っこい保護猫・空(くう)は、こちらの皆さんと居候猫として過ごします。

皆優しいし、居心地も良さそう。ここなら安心だね、空!

柴犬に気にされすぎる保護猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です