保護された赤ちゃん猫の小ささに驚きしかない







手のひらよりも小さな猫の赤ちゃんがすやすやと気持ちよさそうに寝ています。まだ生まれて1週間かそこらでしょうか。毛も薄くて地肌が少し見えています。まさに手のひらサイズの小ささで一生懸命に生きているんだという生命の輝きを感じます。

どうやらこの赤ちゃん猫は体格が小さかったからなのか、病弱だったからなのか母親猫から育児放棄されてしまったようです。こうやって無事に保護してもらって良かったですね。手のひらの温もりを感じることで、お母さん猫のことも思い出しているのかもしれません。

そうやって見ているととても切ない気持ちになりますが、ひとまずは温かいおうちでお世話してもらっているので、これから元気に育って欲しいですね。

保護された赤ちゃん猫の小ささに驚きしかない















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です