動物病院で死んだふりする保護された子ネコ







ある住宅の物置小屋の下に野良猫の子ネコ達が居たのですが、そのうちの1匹が洗濯ネットに入れて保護されました。

この子ネコちゃんはキジトラで毛がすごくふわふわで可愛らしいです。でも最初は警戒心があるようでちょっと抵抗します。

まだ生まれて7週目の子ネコちゃんのようです。そのキジトラの子ネコちゃんが保護されて4日後、動物病院で診察してもらいに行きました。

名前はトロイくんと名付けられました。トロイくんの体重を図ってみると680gで保護された直後よりも大きくなっていました。

そして人馴れして抱っこされると気持ち良さそうにリラックスしています。そんなトロイくんの血液検査をするために採血の注射をしたら、なんとゴロンと体を丸めて固まってしまいました。

つまり「死んだぶり」をしているのです。その姿は本当に可愛らしくて心がキュンとなります。トロイくんの他の兄弟たちも早く保護されると良いね。

動物病院で死んだふりする保護された子ネコ















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です