新しい家族の一員として受け入れてもらった赤ちゃん猫







お母さん猫が死んでしまって、ひとりぼっちになっていたところを保護してもらった赤ちゃん猫が美味しそうにお水をたくさん飲んでいます。たっぷり飲んだらソファに上がってきて甘えにきました。

足に寄りかかって前足を舐めていますが、保護したての時はお母さん猫を探してかなり鳴き続けていたようです。急に大好きなお母さんから離れてしまったらさぞかし心細かったでしょうね。新しい環境にもすっかり慣れてお部屋の中をあちこち歩き回っています。

さて、この日は他の部屋にいる子猫たちと初めてご対面の日です。対面してすぐにごく自然な感じでお互いくつろいでいます。やはり子猫同士なので打ち解けるのも早いようです。赤ちゃん猫はふたまわりぐらい体の大きさが違いますが、すっかり一員になったようです。

新しい家族の一員として受け入れてもらった赤ちゃん猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です