それは私の子犬よ~と訴える母犬







苦労して産んだ子供が可愛いのは人も犬も同じようです。
今回はいくら飼い主さんといえど、その子犬は私の子供よ~と訴えかける母犬の姿をご紹介しますね。

ケージの中には母犬がおり、ケージの縁に前脚を置いて支えにして後ろ脚で立っていました。
何故このように立っているかというと、飼い主さんが生後4日目の子犬を手にしているから。

飼い主さんとしては産んだばかりの可愛い子犬を確認したかったのでしょう。
でも母犬からすると、気が気じゃない模様。
すぐに返してくれないからか、キュキュっと母犬が鳴きだしました。
母親からは切なそうな様子がうかがえます。

これには飼い主さんも悪いと思ったのか、「ごめんね」と呟きながら子犬を返すのでした。

それは私の子犬よ~と訴える母犬















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です