日常の幸福を再確認したノルウェージャンフォレストキャットの蒼







39度の高熱を出してぐったりしている赤ちゃんを乗せ横たわる飼い主、それに寄り添うノルウェージャンフォレストキャットの蒼。赤ちゃんの様子がいつもと違うのを蒼は感じ取って2人への絡みを控えめにしています。

それでも離れることはせず、どうしたものかと問いかけるように飼い主の腕をなめてみたり。赤ちゃんの熱が下がってくると、蒼もちょっと安心したのでしょう、飼い主への独占欲が再びむくむくと湧いてきて飼い主の腕を全身で抱きしめて放しません。

赤ちゃんが元気になって動いてくると、蒼は飼い主に甘えながらもしっかり赤ちゃんを見守っています。そして赤ちゃん回復!赤ちゃん、猫たちと飼い主がじゃれあう日常風景が戻ってきました!

日常の幸福を再確認したノルウェージャンフォレストキャットの蒼















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です