器用にドアベルを鳴らして帰宅を知らせる猫さん




茶トラの猫さんがガラス戸の玄関ドアの外から家の中をのぞきこみながら、中に入れてにゃ〜と視線を送ってきています。

外出から帰ってきて家の中に入りたいようです。早く開けてにゃ〜という表情で、前足でドアをカリカリしています。

それでも開けてもらえず何か他の方法は無いかと模索していた茶トラさんが、急にドアについているドアベルのボタンが目に留まり、ほっぺたをボタンに擦り付けることで無事にドアベルを鳴らすことに成功したようです。

それでも一向に出てこない飼い主さんに痺れを切らし、再びドアベルを鳴らしました。するとようやく飼い主さんがドアを開けてくれて、やっとのことで家の中に無事に入ることができました。

器用にドアベルを鳴らして帰宅を知らせる猫さん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_Uf47SnKl5Q















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA