先輩猫がドアから入ってこられないよう妨害する子猫







部屋のドアに猫用の通用ドアが取り付けられています。向こう側から白猫がドアに頭を突っ込んでこちらの部屋に入ってこようとしています。その様子をドアの目の前でジッと見つめる子猫。先輩猫が入ってくる様子に興味津々です。

ドアが開いて、いよいよ白猫がこちらに入ろうかという瞬間に子猫がドアを前足で押さえたのです。これでは先輩猫もたまりません。子猫はいちいち白猫さんがドアを通過しようとするたびにドアを前足で押さえて入れなくしてしまうのです。

最初は遊びのつもりだったのかもしれませんが、きっと今では白猫さんを中に入れないための完全なる確信犯ですね。子猫がドアの遊びに飽きるまでは、白猫さんのドアの出入りはずっと阻止され続けるのでしょうか。笑

先輩猫がドアから入ってこられないよう妨害する子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です