お兄ちゃんの背中にのった猫がそのまま連れさられていく姿に哀愁を感じた







かなりがっしりとした体型のキジトラ白の猫さんが、おうちの息子くんの肩の上に飛び乗ったようです。一生懸命バランスをとりながらなんとか落下しないように踏ん張っています。

男の子の広い背中のうえに前脚を揃えて乗せて高いところから下界を見下ろして一見楽しそうなのですが、時々鳴き声をあげているのを聞くと不安な様子も感じ取れますね。

背中のほうにじりじりとずれていった猫さんですが、男の子はそのままの状態でリビングルームから出て自分の部屋に連れていってしまったようです。

その時にも、猫さんは寂しそうな声でにゃ〜んと、ひと鳴き。助けてにゃ〜とでも言っているのでしょうか。お母さんに助けを求めながらそのまま部屋のほうへ連れさられていった猫さんがおもしろおかしくてつい笑ってしまいます。

お兄ちゃんの背中にのった猫がそのまま連れさられていく姿に哀愁を感じた















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。