最初は警戒しまくっていたのに、あっという間に懐いてしまった保護子猫







今回ご紹介するのは保護子猫。
最初、ワンちゃん達と会った時は警戒しまくっていました。
それが今では蜜月の関係に。
それではワンちゃん達と子猫の微笑ましいシーンをご覧ください。

最初はゴールデンレトリバー達と野良子猫が出会うシーンから始まります。
ゴーレルデンレトリバーのトビは子猫に興味深々。
しかし野良子猫からすると、トビ君は大きいしグイグイ迫ってくるのが怖いのでしょう。
警戒しまくっていました。

そんな野良子猫を飼い主さんは保護し、自宅へ連れ帰ります。
すると翌日には、最初の警戒していた様子が嘘のよう。
子猫はトビ君の真横でご飯を美味しそうに食べています。

その後も子猫はトビ君達を警戒せず、無邪気に遊びます。
最後はトビ君にピッタリくっつき、甘えながら眠るのでした。

最初はどうなる事かと思いましたが、仲良くなってくれて良かったですね。

最初は警戒しまくっていたのに、あっという間に懐いてしまった保護子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です