ごはんちょうだーいのアピールが強めの子猫







まるでねずみのように見える子猫がちょこまかと歩いている姿に思わず笑みが漏れてしまいます。小さなかわいい鳴き声で、おなかがすいたよ〜と訴えています。飼い主さんがお皿を手にしていますが、これは人間用のトーストのようです。

それでも子猫は自分用のごはんかと思って飼い主さんの足元からズンズンとお皿めがけて登ってきました。ものすごい勢いで飼い主さんのデニムに爪を上手に引っ掛けながら登ります。小さくても運動神経抜群です。

この子は、肩に乗るのも大好きのようです。カウンターで立ったままトーストを齧る女性の肩に乗って、こっちにも頂戴のアピールがすごいです。これでは食事もゆっくりできませんね。でもこんなひとときも幸せのカタチの一部なのです。

ごはんちょうだーいのアピールが強めの子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です