ドヤ顔がかわいい子猫







飼い主さんの足元で鳴いているキジ白の子猫がいます。
飼い主さんの足をよじ登りナデナデを要求し、ある程度撫でてもらったらすぐに「トンッ」と下に降りていきます。そしてまたよじ登るという行動を何度も繰り返していますね。
見ていると撫でて欲しくて甘えていると言うよりも、単純によじ登るという行為そのものを楽しんでいる感じがします。これがキジ白ちゃんの最近のお気に入りの遊び方なのかもしれません。
そう思うと何だか登っているときの表情が誇らしげに見える様な気がします。
いわゆる人間で言うところのドヤ顔っていうやつです。
このドヤ顔は「どう!僕こんな高いところに登れるようになったんだ。すごいでしょ」と言っていますよね。完全に(笑)

ドヤ顔がかわいい子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です