威嚇をしていた子猫が穏やかな表情になり一安心







怖い顔をして威嚇をしている子猫。きっと保護された時やそれ以前の野良生活でよほど怖い思いをしてきたのでしょう。そう思うとこんな威嚇の表情さえも愛おしく感じてしまいます。

耳はぺたんこで水平になっているので、相当恐怖感があるのは間違いありません。そんな子猫も保護されて時間がたってくると、だんだん愛らしい表情になってきました。

もう威嚇することはなくなって可愛い一匹の子猫に変身です。他の保護猫さんたちとも一緒に遊ぶようになりました。そしてこの子がいよいよ優しい里親さんのところへもらわれていくことになりました。

ちょっと寂しいですが、この子が新しいお家で幸せになることを思えばとてもホッとした気持ちになりました。

威嚇をしていた子猫が穏やかな表情になり一安心















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です