読書家と猫との攻防戦







女の子は本を読みたい。子猫は甘えたい。そうなると愛らしくも複雑な心理戦の幕開けです。
子猫は尻尾をパタつかせて「撫でて~」と果敢に突撃。女の子の本を押しのけてズイズイ前に出ていきます。
だけど女の子も負けていません。優しくも強い意志で押し戻し、また本を開きます。
しかし子猫は諦めず、小さくてふわふわな体を本を持つ手にこすりつけ、文字を追う目線を全身で妨害。ついにはノドをゴロゴロ鳴らして女の子の心を揺さぶります。
目の前を右往左往する可愛い子猫のおかげでページはちっとも進みません。ですが子猫だって我慢の限界です。
何度アピールしてもほだされない人間を前に、ついに狙いを変えました。それは…撮影者。
傍で女の子を撮影していた人の膝に飛び込んで、たっぷり撫でてもらいました。

読書家と猫との攻防戦















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です