会話をしているというよりも、ケンカかな?







見晴らしが最高な窓辺に座る猫の背後に飛んできた一匹のカラス。狭いベランダを挟んで対峙する二匹が、まるで会話するように鳴き声を交わしています。カラスが「カー」と一声泣けば、猫が「ニャー」。若干可愛くない声に表情の猫に、飛び立ちもしないカラスに、なんだかこの二匹は意固地に言い合い喧嘩している顔見知りのよう。「お前あっちいけよ」「お前こそあっちにいけよ」と言った感じで笑えます。自分のスペースだと意地でも動かない、けれど気になり振り返る猫は、もしかしたら、いままでにもカラスに飛び掛かってみたはいいが飛んで逃げられたことがあるのかも…?なんて想像を膨らませてくれます。

会話をしているというよりも、ケンカかな?















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です