フカフカの寝床に引っ越しする保護子猫







保護されて5日後に納屋からフカフカの寝床に引っ越しますが、気に入ったのか気持ちよさそうに寝ています。

猫はその寝床のことを気に入ったようで、居心地は悪くないような感じです。

保護子猫は快適に暮らせる場所を探して安心したような感じになり、カメラを合わせると幸せそうな顔をしています。

また、寝床のことが気になるようでどのような作りであるのか調べているようで、早く落ち着けるようになると良さそうです。

子猫は自分自身でどのような場所であるか確かめたい気分で、時間がたてばどのような変化をするのか興味がわきます。

保護猫は保護されるまで危険なことや辛いことも多かったですが、こうして親しみを持って迎えられるようになると幸せそうです。

フカフカの寝床に引っ越しする保護子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です