小さなゴールデンゲートブリッジを渡るニャンコ







毛がふわふわの三毛猫REGGIEはよく寝て、よく食べて、よく遊ぶ自由気ままなニャンコです。

住んでいる家の2階の窓を開けると、隣の建物の屋根に飛び移る遊びを1日20回から30回もやります。

でもある日、上手く飛び移ることが出来なくて地面に落っこちてしまったのです。

幸い、REGGIEは大丈夫だったのですが、飼い主さんはREGGIEのために2階の窓と隣の建物の屋根に橋を架けてあげることにしました。

そしてどうせ橋を作るなら、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジみたいにしようと決めて作業にとりかかります。

木、ボンド、ネジ、ペンキ、ロープなどを使って作業を進めて、まるでゴールドみたいな素敵な橋が完成しました。

そして窓と屋根にその橋をかけたのですが、REGGIEは怖がって使いません。

そこで橋の上にREGGIEの好物のエサを散らばしてみると、恐る恐る橋を渡ることが出来ました。

そしてその後はスイスイ使うようになったのです。これでREGGIEも安心ですね。

小さなゴールデンゲートブリッジを渡るニャンコ















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です