初めて生まれた我が子にどう接したらよいのか分からない父親のようなネコ







眠る子猫ちゃんを前に困っている様子のネコ。両耳を子猫ちゃんに向け何かを真剣に聞いている様子。

タイミングを伺いながら、『今ならちょっとだけ触っても大丈夫かな?』『イヤもうちょっと待とう』『でもやっぱり触りたい!(ちょっとだけ手を出そうとする)』『きゃ!動いた!(サッと手を引く)』を繰り返すかわいい仕草。

何度か触ろうかと試みますが、どうしても触れないネコちゃん。その仕草はまるで、初めて自分の子どもが生まれて、どう接していいのか分からない人間の父親の様子にソックリ!

思わず微笑んでしまいます。その後も何度も試みますが、最終的にこのネコちゃんは、子猫ちゃんに触ることができたのか?

初めて生まれた我が子にどう接したらよいのか分からない父親のようなネコ















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です