やっぱり生みの親より育ての親というのは正しかった!







この日は、面白い実験をするようです。子猫の前に生みの親と育ての親の両方が一緒にいたら、子猫はどちらに近寄っていくのかという興味深い内容です。さて、どちらに行くのでしょうか。じっくりみていきましょう。

どうやらハスキー犬がこの子猫の育ての親のようですね。その横には実のお父さん猫がいます。よちよち歩きの子猫は、迷うことなく育ての親のハスキーのほうへ一直線です。

やはり日頃から一緒に遊んでもらっているハスキー犬のほうが、自分の親だという認識になってしまっているようです。お父さん猫の面子は丸潰れといったところでしょうか。

でもこのあとちゃんとお父さん猫のほうにも近寄って興味津々でじゃれようとしています。生みの親より育ての親を実証してくれた子猫ちゃんたちでした。

やっぱり生みの親より育ての親というのは正しかった!















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です