自分より小さな赤ちゃん猫に怖気付くひのき







先住猫のひのきがキャリーバスケットの中を真剣に覗いています。中には新しくやってきた子猫が入っているのです。

バスケットの中を覗くひのきですが、子猫はもこもこのブランケットに覆われていてなかなか姿を確認できませんが、じっくり見ると奥の方に黒白のハチワレ模様の子猫がぐっすり寝ているのがわかりました。

まさにくぎづけ状態でじっと子猫に見入っています。動きも挙動不審になってしまって緊張感も感じられます。

イカ耳になりながら、牛のようなノロノロとした歩みでそーっとその場から離れていく様がおもしろすぎです。

こんなに小さな子猫を相手にして、すっかり怖気付いてしまったひのきです。とても臆病な性格なんですね。

自分より小さな赤ちゃん猫に怖気付くひのき















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です