ドアの向こうの部屋が気になりすぎる子猫







マンチカンの子猫兄弟が部屋のドアの前でソワソワしています。どうやらドアを開けて向こうの部屋に行きたいようですね。ドアは少しだけ開いているものの、子猫の短い前足ではうまく爪がひっかからず開けることができないようです。

なんとかドアが開かないかと上を見上げて熟考中。キジトラ白柄の子猫のほうは、我関せずという感じですが白地にぶち柄の子の方は、とにかくドアを開けようとじっとドア前で待機しています。開けて〜開けてにゃ〜としきりにお願いしています。

とうとう飼い主さんのほうにやってきて、開けて欲しいと訴えかけてきました。飼い主さんは掃除機を抱えて後ろ向きになりながら子猫がドアから一緒に入って来れないように防御しています。またもや中に入れなかった子猫さん。残念でした!

ドアの向こうの部屋が気になりすぎる子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です