ソファから伸びる黒い手







飼い主さんが猫の缶詰を用意してあげていますが、肝心の猫の姿は見えません。するとすぐそばのソファーの下に缶詰を置いたようです。すると黒い猫の手がサッと出てきて、缶詰に爪をかけてそのまま手を引いて、缶詰はスーッと音もなくソファの下に消えていきました。

猫さんはソファの下に引きこもっているのでしょうか。きっと相当居心地が良い場所なので、そこから一歩も出たくないのでしょう。ごはんも飼い主さんがちゃんと持ってきてくれるし、なんとも優雅な生活を送っていますね。

さすが飼い主をシモベにしてしまう猫様です。ごはんを食べ終わったら空き缶をソファの下からそっと外に押し出してくるのか是非見てみたくなりますね。

ソファから伸びる黒い手















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です