保護されたサビ猫の子猫







こんな小さな体から、こんなに大きな声が出るのだとびっくりするぐらいですが、子猫がお母さん猫を呼んでいるようです。一人はぐれてしまって寂しくて、怖くて仕方ないといった感じで心が締め付けられるようです。

お母さんはどこへ行ってしまったのでしょうか。ひとりぼっちで置いていかれてしまったのか気になるところです。何時間も鳴き続けていましたが結局お母さん猫は現れなかったようです。子猫の気配を察したカラスたちも集まってきて危険な状況になってきたので保護することになりました。

無事に保護されたサビ猫ちゃんです。とても可愛い女の子のようですね。とりあえずは段ボールの寝床を作ってもらってゆっくりとお休みなさい。

保護されたサビ猫の子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です