不安そうに鳴き続ける保護子猫をやさしく迎え入れる先住猫







ダンボールの中で鳴いているのはキジトラ子猫のサムソンくん(仮)
サムソンくんは、少し前に車のエンジンルームの中にいるところを発見され、保護されたそうです。
もしそのまま気づかずにエンジンをかけていたらと思ったらゾッとしますね。
そんなまさに急死に一生という体験をしてこの新しい家につれてこられたサムソンくんですが、まだ状況が飲み込めていないのか終始不安そうな表情で泣き続けています。
もしかしたら母猫のことを呼んでいるんですかね?ただ、あんまり鳴き続けたものだからなんだか声も枯れてきちゃいました。
するとそんな怯え続けるかわいそうなサムソンくんの元に救世主します。
先住猫のチャットちゃんです。
サムソンくんのことを優しい眼差しで見守り、まるで本当にお母さんのように甲斐甲斐しく毛づくろいをしてあげています。
最初は少し警戒した様子を見せていたサムソンくんもすぐにチャットちゃんに懐き、ゴロゴロと気持ちよさそうに喉を鳴らし始めました。まずは一安心ですね。

不安そうに鳴き続ける保護子猫をやさしく迎え入れる先住猫















2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です