子猫と遊んでいたら、もう一匹の子猫が拗ねた







猫は独占欲が強い生き物だと言われています。
子猫にも独占欲はあるようで、今回は子猫と遊んでいたらもう一匹の子猫に拗ねられてしまうというシーンをご紹介しますね。

毛布の上には子猫のキラちゃんがコロリと寝転がっています。
飼い主さんの手が近づいてくると、キラちゃんは前脚後脚を使って飼い主さんの手にじゃれつこうとします。
飼い主さんの方もそれが嬉しいのか、キラちゃんのヤンチャに付き合っていました。

するともう一匹の子猫ピンクさんが離れた場所で寂しそうにしてます。
そのまま飼い主さんがキラちゃんと遊んでいると、すぐ近くにピンクさんがやってきます。
ピンクちゃんは遊んで欲しそうにミューと鳴いてこちらを見つめています。
飼い主さんは撫でてあげたものの、すぐキラちゃんをナデナデ。
それがカンに触ったのか、ピンクちゃんは去っていきました。

キラちゃんばかり可愛がって!と拗ねてしまったようですね。

子猫と遊んでいたら、もう一匹の子猫が拗ねた















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です