干物の匂いに我慢できなくなった猫







食卓には美味しそうな味の干物が乗っています。他にもおかずがたくさんの楽しい夕食の風景です。そこへテーブルに前足をかけて落ち着かない表情でソワソワしながら干物の匂いを嗅いでいる猫がいます。干物の香ばしい匂いは猫にとってはとってもそそられるものです。

どうにかして一口もらえないものかという期待の込められたお顔に思わず笑ってしまいます。前足でちょんちょんと干物をつつこうとしますが、すぐに飼い主さんに叱られてしまうので、そのたびに耳はぺたんとして反省の表情をしますが、次の瞬間にはすぐに前足で突っつこうとしはじめます。

とうとう前足がお皿の上に置かれてしまいました。前足を出すたびに飼い主さんが指で軽くポンとたたいたのでとうとう諦めたようです。

干物の匂いに我慢できなくなった猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です