子猫と遊びたくてしかたない柴犬のお願いポーズが最高







保護されたばかりのようなキジトラの子猫が入っているケージの前には柴犬がぴったりとくっついて中をじっと見ています。しっぽをふりながらひたすらケージの中をのぞきこんでいますが、子猫のことを歓迎しているのは間違いなさそうです。

早く一緒に遊びたいという気持ちが柴犬の体全体からあふれでていますね。するとおもむろにケージの前で、柴犬はお願いポーズをしはじめました。後ろ足だけで座って前足を宙にあげて上下に振っています。これはどういう意味なのでしょうか。

子猫と一緒に遊びたいという気持ちがこういうポーズになったのでしょうか。一方子猫はというとあまり反応がなさそうです。はやくケージから出られて柴犬ちゃんと一緒に遊べるようになると良いですね。

子猫と遊びたくてしかたない柴犬のお願いポーズが最高















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です