ちょこまかが過ぎる子猫







白地に黒のぶちの模様がついた子猫が下から見上げています。やはり子猫は無条件に可愛いです。人間に遊んで欲しくてしょうがないようで、足元に盛んに絡みついてきます。声もまだ小さくてか弱いので、ついつい一緒に遊んであげてしまいます。

子猫はまだ遊び盛りなので起きているときはずっと遊びに夢中です。人間もその相手をしてあげなければいけないので、かなり体力勝負となりますね。自分のベッドについているタグで遊んだり、狙いをさだめてダッシュしようとしたり、とにかくじっとしていません。

小さい身体でもエネルギーみなぎっていて見ているだけで、こちらも疲れてしまいそうになります。子猫の時期は本当に短いのでこの可愛さをしっかり堪能したいものです。

ちょこまかが過ぎる子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です