あぐらの間が大好きな子猫







あぐらの間にすっぽりおさまってぐっすり熟睡している子猫。飼い主さんがそっと抱き抱えてカーペットの上におきます。すると、すぐに目を覚まして、ニャーニャー鳴きながらもとのところに戻ってきました。

再び丸まってお昼寝の続きを始めます。そこでもう一度飼い主さんが手のひらに包み込むようにして子猫をそっとカーペットの上に移動させました。やっぱりすぐに目を覚まし、元の場所へゴソゴソと戻っていきました。

あぐらのあいだは、体温も感じられるので暖かくてお母さんのお腹のところで寝ていたころを思い出すのかもしれませんね。それにしてもこんなに小さな猫でも、一番快適な場所をちゃんと知っているのですね。

いつまでも眺めていられるほっこり画像でした。

あぐらの間が大好きな子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です