赤ちゃん猫が家主を誘う







ミルク飲んでよちよち歩きの赤ちゃん猫ですが、鳴き声を出しながら周囲を見ているようです。

しばらくすると別の子猫が近づいてくるため、いつの間にか向こうのほうに行ってしまいます。

その後はその場所にいた赤ちゃん猫を誘って家主のほうに歩いていき、鳴き声を出して誘おうとしてそうにも見えるものです。

赤ちゃん猫は保護されてミルクを飲まされてかわいがられているため、お互いの様子を見ると楽しそうだと感じるものです。

赤ちゃん猫は周囲の様子を見てどのような場所であるか確認しているようで、家主が進みやすくなるように邪魔になるものを別の場所に移動しています。

そして、最後のシーンでは赤ちゃん猫が家主のところに集まっていきます。

赤ちゃん猫が家主を誘う















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です