ベッドの下に潜り込む猫が変わっている







ベッドの下といえば狭いですが、気にせずに意地でも潜っていく姿を見ると執念を感じます。実はもう一匹の猫の秘密基地になっているようで、狭くても入っていこうという姿は見てて楽しいものです。

ベッドの下に入るためには入口が狭くて難しいものですが、それでも工夫して体を入れようとします。もう一匹の猫のほうは秘密基地に入ってきても無関心のようで、最後のシーンはキョロキョロして何かが気になっていたようです。

白い猫はそのまま出ていって別の場所に立ち去ってしまいますが、もう一匹の猫のほうはどのような動きをするのか気になります。ベッドの下に狭いスペースがありますが、ここに猫たちがいるとどのようなことをしているのか興味深いものです。

ベッドの下に潜り込む猫が変わっている















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です