飼い主に対して空腹を訴えるのに必死なマンチカン子猫







白い体毛が特徴なマンチカンの子猫が飼い主に向かって、ひたすら鳴いて何かを訴えようとしています。

どうやらお腹が空いているようで、餌を食べたいという気持ちを鳴き声で表現しているようです。
まだ身体は割と小さく見えますけど、鳴き声に関してはすでに一人前といった感じで、部屋の中でかなり響き渡っている状況と言えます。

それくらいにお腹が空いている状況なのかもしれません。

落ち着かない様子で、場所をいろいろと移動していますが、もしかしたら飼い主が餌を用意しているか?どうかをチェックしているのかもしれないです。

餌への興味が尽きない子猫の姿それ自体が非常にかわいく映っていますが、小さな猫はどういった仕草でもかわいさを感じやすいでしょう。

飼い主に対して空腹を訴えるのに必死なマンチカン子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です