必死に登ろうとする猫







小さい子猫はどのようにすれば登れるか分からないものですが、男性が手でさわってかわいがったりえさをあげています。

子猫はえさを食べる姿も一生懸命で、仲間と一緒に楽しそうにする姿を見ると良いものです。

子猫は小さいためにまだまだわからない部分もありますが、仲間と遊んだり見えるもので判断しているのかもしれません。

また、庭の茂みの中など狭い場所にも入りやすく、子猫であるがゆえに好奇心が旺盛で落ち着きがなくなることもあるものです。

男性のほうは子猫が自分の体を登ってもらえるようにしているため、やさしさが伝わってきます。

最後のシーンは猫たちが登っているシーンがあり、男性になでてもらっているため見るだけで良いものです。

必死に登ろうとする猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です