保護子猫のおかき君、最後の哺乳瓶!




台所に立つ飼い主さんの足元をウロウロしているの保護子猫のおかきちゃん。
どうやら飼い主さんがミルクを作り終えるのを待っているみたいですが、それにしてもこの小さな体には似合わないものすごく大きな催促の声にちょっと驚かされます。
張り上げるような強めの声のトーンからして「こらっ早くしろ」「どれだけ待たせるんだよ」なんて飼い主さんに文句を言っているのかもしれませんね(笑)
まぁ、それだけお腹がペコペコということなのでしょう。
さて、そんなこんなでようやくミルクにありつけたおかきちゃんですが、実はおかきちゃんにとってこれが最後の哺乳瓶で、明日からはお皿から飲む練習をするとのこと。
生後2か月弱ほどでだんだん歯も生え揃ってきましたし、お皿のミルクに慣れたら次はついに離乳に挑戦、順調にいけば良いですね。

保護子猫のおかき君、最後の哺乳瓶!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=EhXgwKtl9bY


















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA