盲目の保護猫が幸せになるまでの物語




今回はマンハッタン在住のベッキーさんと、その飼い猫のヒューゴくんとの物語をご紹介します。
アニマルシェルターで働くベッキーさんは、ある日保護されたヒューゴくんと出会いました。
目が見えず、耳もほぼ聞こえないという大きなハンデを持っているヒューゴくんには、きっと中々引き取り手が現れないのではと悩んだベッキーさん。
そのように考えるうち、しだいに自分が引き取ってこの子に幸せにしてあげなくてはという使命感が芽生えたそうです。
そんなベッキーさんの優しさが通じたのか、ヒューゴくんもすぐに懐き、さらには耳が聞こえないという先住猫のスージーちゃんとも仲良しになれたそうです。
ベッキーさんとの運命的な出会いで、安住の地を手に入れたヒューゴくん。
きっと末永く幸せに暮らしてくれることでしょう。

盲目の保護猫が幸せになるまでの物語

出典:https://www.youtube.com/watch?v=a9cQB47GPH4


















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA