タヌキの通り道を邪魔する猫の様子がユニーク







タヌキは壁に近いところを歩きますが、猫は譲りたくないのかその場に居座っています。その後はタヌキと猫のにらみ合いがあり、タヌキのほうがさっと迂回して立ち去っていきます。

しかし、タヌキもリベンジとばかりに猫に対峙しますが、しばらくして逆のほうに進みます。そして、今度は猫のほうがタヌキを追いかけて通り道を邪魔してしまい、再び攻防が始まったところで終わってしまいます。

タヌキは猫が道を開けないことに対して困っていますが、逆に猫は困らせてやろうとしてくるため意地を張っていることが分かります。猫は相手を困らせてやろうと意地悪な性格でもあり、タヌキもこのようなことに対して戸惑っていることを分からせてくれるシーンです。

タヌキの通り道を邪魔する猫の様子がユニーク















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です