お父さんの肩は最高のお昼寝スポットだった







高さのある爪とぎポールをバリバリと爪を立てながら難なく昇りつめた子猫がお父さんに何か要求しています。どうやらお父さんの肩の上にどうしても乗りたかったみたいです。

お父さんが腕を伸ばしてあげると、子猫は器用にその腕を渡り、ようやくお父さんの肩に到達することができました。肩の上は下を見下ろせて特等席です。

すっかり落ち着いて顔を洗ったりグルーミングをしたりしてくつろいでいます。お父さんの着ているパーカーのフードがちょうど良いベッドになってしまっています。

フードの中にすっぽりおさまった子猫は、温かくて心地よくなってうつらうつらしてきました。きっとこのままフードの中でお昼寝となるのでしょうね。

お父さんの肩は最高のお昼寝スポットだった

出典:https://www.youtube.com/watch?v=inJBbgfkS-s















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA