猫同士のけんかは、やっぱり口が似合う







道路上で猫が、口でケンカをしています。
「白猫」と「トラ猫」がにらみ合い、1歩も引かない感じです。

「おい、貴様なんだよ」
「お前こそ、なんだよ」
「ここは、俺の縄張りだぞ」
「いや、俺の縄張りだ」

「何だと」
「何だ」
「さっさと行けよ」

「お前が行けよ」
「うるせい」
「お前がうるさい」

「いっとくが俺は、強いんだぜ」
「俺も強いぜ」
「何お」

「何だ」
「このやろう」
「しまいめに、殴るぞ」

「俺も殴るぞ」
「うるさい」
「向こう行け」

「お前もひつこいな」
「お前こそ、ひつこいぞ」

こんな猫語を話しているのでしょうか?
この感じからすると、10分以上はこの状態と言えます。
ちなみに、メス猫かオス猫か分かりません。
メス猫同士なら、やっぱり口ケンカは女性と同じで強いです。

また、手を出さない所も人間の女性と似ていて怖さもありますね。

猫同士のけんかは、やっぱり口が似合う















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です