何度でもあぐらのなかに戻ってくる子猫







お父さんのあぐらのなかで熟睡中の子猫。抱き上げられてもくにゃくにゃになっています。両手のひらにすっぽりと収まるぐらい小さな体です。カーペットの上に、そーっと置いてみました。するとすぐに目を覚まして辺りを見回しています。

あれ?お父さんの温かい膝の中で寝てたはずなんだけど、どうしちゃったんだ?という表情が可愛いです。ぐるりと回ってお父さんのことを見つけると一直線にあぐらのなかに入っていきました。やっぱりあぐらのなかは、ポカポカで最高のお昼寝スポットですよね。

早速体を丸めてお昼寝の続きです。お父さんは、またもや子猫をそっとカーペットの上に置きました。体を撫でてあげていますが、瞬時に目を覚まして元通りのあぐらの中に収まってしまいました。

何度でもあぐらのなかに戻ってくる子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA