豪雪地に住む猫の帰宅方法がダイナミックすぎる







玄関前のポーチには雪が深く積もっています。かなりの豪雪のようですが、そんな中でも平気で外遊びを楽しんでいる飼い猫さんがいます。

飼い主さんも、さすがに早くお家に入ってもらおうとドライフードで猫をおびきよせて部屋に戻らせようとしています。

ドアを開けると女性の胸の高さほどもある雪に驚いてしまいますね。女性がご飯の入った器を手に持ち猫を呼びながら雪の上に置きしばらく待っていました。

すると次の瞬間、雪の壁の下の方に猫が突進してきて大穴を開けながら飼い主さんの呼びかけに答えてきました。柔らかい雪は猫の体当たりで簡単に穴が空いたようです。

下からいきなり登場してきた猫に思わず苦笑している飼い主さんでした。

豪雪地に住む猫の帰宅方法がダイナミックすぎる















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です