保護された三毛猫の子猫の可愛さにやられまくっている保護主さん







花壇のところに一匹の三毛猫の子猫が迷い込んできたようです。毛足が長めの子で毛並みも悪くありません。人の姿を見ても特に怯える様子もないので今までどこかのおうちで飼われていた可能性もありそうです。

この日は猛暑ということもあって、このままでは子猫が衰弱してしまうかもしれないということで早速保護することになりました。おうちの中でも体をすりすりしながらご挨拶。とてもフレンドリーな子猫です。

時折大きな口をあけて小さなニャッという声を出すところも可愛すぎて保護主の男性もメロメロになってしまっています。過酷な環境のお外から安全なお家の中に入れてもらえてこの子はとてもラッキーでした。真夏の暑さは猫でも危険なのは同じです。本当に危機一髪でしたね。

保護された三毛猫の子猫の可愛さにやられまくっている保護主さん















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です