先輩猫の上へ乗らずにはいられない子猫







今回ご紹介するのは、何故か先輩猫の上へ乗りたがる子猫。
最初は嫌がっていた先輩猫ですが、意外な展開を迎えます。
どのような結末となるのかご覧ください。

ソファーの上に茶白猫むぎくんが寝ています。
すると子猫のキキが先輩であるむぎくんの身体の上に乗っかっていました。

最初はむぎくん、抵抗します。
むぎくんが起き上がると、上に乗っていたキキはズルリと落下。
見事振り落とされてしまいました。

その後、体勢を立て直してむぎくんはソファーにコロリ。
するとキキ、またしてもむぎくんの上へ乗りました。
これにはむぎくんもびっくりしたのでしょう。
毛づくろいしていたのに、ピタリとやめてしまいました。

しかしここから意外な展開を迎えます。
最初のようにむぎくんがキキを振り落とすかと思いきや、むぎくんそのままスヤスヤ。
するとキキもむぎくんの上へ乗ったまま眠り出してしまうのでした。

先輩猫の上へ乗らずにはいられない子猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です