脚が短すぎる赤ちゃん柴犬の攻撃が可愛すぎる







ある程度大きくなると、子犬もヤンチャをしたくなります。
でも脚が短すぎるが故に、可愛い仕草になる子犬がいました。
今回はその愛らしい子犬をご紹介しますね。

シーツには柴犬の一五が座っています。
そのすぐ前には生後一ヶ月になる赤ちゃん柴犬の燐五がいました。

燐五は生後一ヶ月経過し、ある程度動けるようになりました。
となると母猫の一五と遊びたいのでしょう。
一生懸命じゃれつきにいきます。
そして前脚を振りかぶって攻撃しようとするのですが、なんと前脚が小さすぎて届きません!
それでもめげず燐五はエイッ!エイッ!と前脚を繰り出します。
そのほとんどは空振りに終わるのですが、健気に頑張る姿はもはや兵器レベルの可愛さ。
赤ちゃん犬の可愛さって、ほんとハンパないですね!

脚が短すぎる赤ちゃん柴犬の攻撃が可愛すぎる















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です