道端で出会った野良のシャムミックスが人懐っこすぎ







公園の歩道の端っこに箱座りをしてまったりしているシャムっぽい猫さんがいます。近寄ってみるととてもフレンドリーな子で頭を撫でてもらうと頭をぐいぐいと押し付けてきて、もっとやってほしいアピールをしています。

ゴロンと横になってお腹を出してお腹の方まで撫でてというジェスチャーまでしています。人間に対して絶対的な信頼を持っているのでしょう。地域猫として可愛がられているからこその慣れ方です。

撮影している人がその場を去ろうとしても、そのまま地面に横になったまま、まるで力が抜けてしまったかのようにだらんとして余韻を楽しんでいるようです。ここまでべったりしてきてくれる野良猫さんも珍しいですね。もともとどこかのお家で飼われていたに違いありませんね。

道端で出会った野良のシャムミックスが人懐っこすぎ















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です