保護された子猫のキョトンとした表情がかわいすぎる







保護された直後だというキジ白柄の子猫。
ケージの中を所在なさげにウロウロ、しきりに「ミーミー」とか細い声で鳴き続けているのはもしかしてお母さんを探しているのでしょうか?
そんな事を考えると何だか胸が締め付けられるような気がしますね。
ケージの中にピカチュウのぬいぐるみがあるのは、子猫ちゃんの寂しさが少しでも紛れるようにという投稿者さんの心遣いなのでしょう。
ケージの中に入れた指に近づいてくる様子を見ると、投稿者さんに対しては大分心を許し始めている感じがしますね。
子猫ちゃんの小さな頭でもきっと投稿者さんは、やさしくて安心できる人だということが理解できたのだと思います。

この子猫ちゃん、現在は投稿者さんの友人の元で幸せに暮らしているそうです。本当に小さな命が助かってよかったですね。

保護された子猫のキョトンとした表情がかわいすぎる















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です