寝込むとーちゃんに寄り添う、双子猫の看護師さん。







久しぶりに風邪を引いてしまったとーちゃんは病院へ。
帰宅後とーちゃんの様子がどこかおかしいことに気が付いた双子猫の「牛ちゃんと百ちゃん」は周りをウロウロ。
「何か元気がないけどどうしたニャー」とでも言っていそう。
早く治すためにもしっかり休もうと寝室へ向かいベッドに入るが、心配なのか猫たちも一緒にやってきました。初めはパタパタしていた2匹ですが、とーちゃんが寝ると一緒に添い寝してしまいます。
しばらくしてトイレに起きると、まるで看護師さんのように付き添いをして様子を見守ってくれるのです。
その後も寝室で看病してくれる牛ちゃんと百ちゃんは、とーちゃんの特効薬として側に居続けるのでした♪

寝込むとーちゃんに寄り添う、双子猫の看護師さん。















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です