現代の魚ドロボウ







台所で、夕ご飯のお魚をグリルで焼こうとしていた、飼い主さん。いつものように、お魚を狙ってやってきた猫さんを、ムービーで撮ってみました。

「クンクンクン…。」魚焼きグリルに鼻を近づけて、お魚の存在を確認。なんと、「…カシャン。……カシャン。」と、器用に、鼻と手でグリルを引き出そうとしているではありませんか。

少し開けたら、すき間からのぞき込み、網の上に乗せてある魚の存在を確認。狙いを定めて、手をつっ込み、まんまとツメでたぐり寄せ始めました…!

ここで、飼い主さん、慌ててムービーを撮るのを中断したようです。夕ご飯のお魚は無事、飼い主さんのお腹の中に入ったのでしょうね。少しは分けてもらえたかな?

現代の魚ドロボウ















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です