立入禁止の部屋にどうしても入りたい猫たち







昔ながらの引き戸が少しあいていて猫が少し顔を覗かせています。

すりガラスに無数の影が見えるので、この家には沢山の猫が住んでいるでいることがわかります。

どうも引き戸で遮られたこっち側の部屋は、精密機器が色々とあって普段から猫たちは立ち入り禁止区域になっているのだとか。

しかし入ってはダメと言われれば言われるほど入りたくなるのが人情(猫情?)というものでしょう。

扉の前をウロウロしたり、前足で引き戸を押してみたりと猫たちはなんとかして入ろうと奮闘しています。

そしてついに一匹が隙間に顔を差し込んだと思ったら、グイグイと体をゆすり、引き戸を開けてしまいました。

なんとか無事難関を突破した猫たちは普段入れない部屋を隅々まで冒険し、堪能するのでした。

立入禁止の部屋にどうしても入りたい猫たち















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です