隙間から強引に入ろうとする猫を見る保護猫







筒の中に入って鳴き声を出す保護猫に対し、ふすまの隙間から強引に入ろうとする猫が面白いものです。

子猫は猫のほうに近づきますが怖くなったようで後ずさりしてしまい、不安そうな様子で猫の様子を見ています。

子猫のほうはしばらくはじっとしているため、ふすまを開けようとする猫とは対照的です。

しばらくすると猫が隙間を通ってすんなりと入り、子猫のほうは遠くから眺めていますが最後のシーンでは飼い主さんのひざの上にいることが謎です。

保護された子猫はまだまだ新しい環境に慣れていないのか怖がったりしますが、この後の展開がどのようになるのか興味がわきます。

ふすまを開けて入ろうとする猫は保護猫のことが気になるようですが、最後のシーンではなぜか無関心のようです。

隙間から強引に入ろうとする猫を見る保護猫















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です