犬に育てられた子猫が自分のことを犬だと思っています




水のなかをスイスイと器用に泳ぎ回っている子猫の姿が見えます。このオレンジ色の子猫は、実はワンコが育ての親なのです。そのため、こんなに上手な泳ぎを身につけることができたようです。

ワンコに育てられた子猫のマーリンは、外で遊ぶ時もいつもワンコと一緒です。海岸の砂浜で楽しく遊ぶワンコに、マーリンも一緒にくっついて波を怖がらずに駆け回っています。

マーリンは自分のことを猫とは思わずにワンコだと思っているようです。なので水遊びも大好きな子猫に育ったようですね。マーリンはワンコたちと一緒に過ごしながら少しずつ成長しています。

現在は子猫ではなくなりましたが、それでもワンコの子供として犬っぽく育っているとても珍しい猫さんです。

犬に育てられた子猫が自分のことを犬だと思っています

出典:https://www.youtube.com/watch?v=YFtT26nIIk8


















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA